スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -
出産キロク 大晦日誕生編
夜中のうちに少しずつ間隔が狭まってきてた。でもまた昨日みたいになったら…と思うとなかなか病院へ電話する気持ちになれず下向き

朝10時すぎに両親が家に様子を見に来てくれた。
少し動こうと、モップがけやお風呂掃除をした。
母に、歩いた方がいいんじゃないかと言われて、少し外を歩くことに足
いつもの散歩コースを半分くらい歩いた後、母の勧めで病院へ電話。
母曰く「痛みが我慢できてもお腹の赤ちゃんが心配だから」と。
確かにその通り。
病院へ電話すると来てくださいとのこと。
車2台で病院へ自動車プシュー

両親、先に出たのにまだ着いてない…予想通り(笑)
とりあえず診察。内診の結果は「3〜4センチかな」…あせあせ
一晩耐えて1〜2センチか…ポロリ
全く進んでないよりは良かったけど、まだ先が長過ぎる気がしてクラクラしてきた。
すぐにお産にはならなそうなので病室へ。
前日とは違う部屋だった。

病室へ入ってからは何故か痛みの間隔が急ピッチで狭まった。
自分じゃ把握しきれないから旦那が見ててくれた。
痛みが来ると顔で分かるらしく、旦那と母が「来た!」といちいち言うのに軽くイラッ(笑)

1時間に1回、看護士さんがお腹に当てる機械で赤ちゃんの心拍を測りにきてくれる。
ドコドコ聞こえる心臓の音が頼もしい。
頑張らなきゃって思った。
その間にも痛みは当たり前のように来てて、その様子を見て助産師さんから「声が出てきちゃうくらい痛くなってきたら向こう(分娩室)に移動するからね〜」と言われた。
今は……まだ我慢出来るような出来ないような。

それにしても、出産は確実に近付いてるのに胎動がすごい。
出産間近は胎動が減るって聞いてたのに、全然変わらなかった…

14時くらいになったら、痛みの間隔が3分くらいになって強さもさらに増して来た。痛くて声が出る。でも痛いとは極力言いたくなくて「うぅ〜〜〜」と唸りまくる。
ずっと耐えてたけど、痛みにプラスしていきみたい感じが出て来た。母が何度も「そろそろ(看護士さん)呼ぶ?」と言ってくれてたのをずっと「まだいい」と言ってたけど、もう限界。
早く分娩室行かなきゃ赤ちゃん出て来ちゃう!っていうのが分かる。母の「呼ぶ?」の一言に必死で頷くと、慌ててナースコールをしてくれた。
そして待つこと5分くらい…。この5分が恐ろしいほど長かった。ほとんどナースステーションの目の前くらいの部屋なのに、なんでこんなに時間がかかるんだ…
やっと来てくれた助産師さんの「出てくる感じ?」の一言にまたもや必死で頷く。
じゃあ分娩室に移動しましょうってことになったんだけど、部屋を出る直前にまた痛みが…
痛くて動けずに顔を歪めてたら助産師さんから「目つぶっちゃ駄目!」と言われて慌てて目を開けた。呼吸法に気をつけてとにかく身体をリラックスさせなきゃいけないらしいけど、陣痛ピークにそれはなかなか難しかったプシュー

痛みと痛みの間に分娩室へ。後ろにいた両親と待合室みたいなとこで別れる時に「頑張れ」というのが聞こえたけど、振り向く余裕すらなく…。

そしてやっと念願の分娩室。ベテランっぽい助産師さんの内診。
すると、困ったような苦笑いで「もう全開だよIさん…たらーっと。もっと早くナースコールすれば良かったみたい(笑)
その時はとにかくホッとした。これでまだ全開じゃなかったら我慢できる自信がなかったもん。
でも助産師さん的には予想外に早く進んだみたいで、そこからバタバタと分娩の準備。
点滴刺したり器具用意したり…
しかもみんな忙しいのか1人でバタバタと色々動き回って準備してるから、私と旦那だけ分娩室に放置される時間もあったりして。
こっちはもういきみを我慢するのに必死で、準備さえ整えばいつでもゴーな感じなのに、助産師さんがいなかったら産めないじゃん!とかなりイライラ。
「なんで(誰もいないの)〜〜?」と半泣きで言う私を見て、旦那が誰か来ないか見に行ってくれた。
(どうやら私より少し前にお産があって、そちらと並行気味でバタバタしてたみたい)

そしたらやっと来てくれて、いきみのタイミングと方法を教えてくれた。もういきんでいいからね〜の言葉が神の声のよう(笑)

痛みが来てる時にできるだけ何回かいきむ。今までただただ我慢するだけだったのに、今は出来ることがあるのが幸せに感じた。
何回かいきんでるうちに助産師さんは3人に増えてた(笑)
いきみかたが上手いと言われたけど、何故か冷静に『みんなに言ってるんでしょーモゴモゴ』とか思ってた。
そして痛みと痛みの間の時間がとにかく眠い。考えてみれば二日寝てないから当たり前だけど。
呼吸法のせいで喉がカラカラ。なのに何も飲む気になれなくて旦那や助産師さんから「飲む?」と言われたポカリをことごとく断る(爆)今考えると、何であんなかたくなに飲み物を拒んだのか…謎。旦那が汗を拭いてくれるんだけど、拭き方が優し過ぎてイラッ(笑)『もっとガッツリ拭いてくれ〜むかっ』とか思いながらも、口にする元気はナシ。

1人の助産師さんから「手元のレバーは引くんじゃなくて押すのよ〜!」と言われて、慌てて押してみた。足までしっかり力が入るのがわかった。
そして別の助産師さんから「Iさんってバースプランにへその緒切りたいって書いてたよね?」と聞かれる。
もうそれどころじゃないよー!と思いながら「そうだったっけ……」と力なく答えた。

もっと痛くて取り乱してギャーギャー言ってしまうかと思ってたけど、割と落ち着いていられたと思う。

何回かいきんだ後、「もういいよー!」と言われる。「手を胸の所に持って来て、ハーハーって呼吸して」言われてその通りにする。
「赤ちゃん出てくるから下の方見ててね」と言われて足の方を見てたら、ズルッと何かが出て来た感じと、直後にあったかい水のようなもの(たぶん羊水)が出る感覚が。

ぴかぴか15時38分、誕生ぴかぴか

一斉に「おめでとうございます〜!」と言われて、全身の力が抜けた。娘を取り上げてくれた助産師さんから「へその緒切っちゃっていい?」と言われて、自分で切る気力がもうなかったから(笑)「お願いします」と返事。

そしてまだ生まれたてほやほやの娘を胸の上のシートに乗せてもらう。シート越しだけどあったかい。
頭はほとんど働いてない状態。目の前に居る小さな小さな娘のあたたかさと重さだけを感じるのに精一杯。もっと号泣するかと思ってたけど、それよりも放心状態。

妊娠が分かった翌日から切迫流産の診断。何度も善くなったり悪くなったりを繰り返して、産んであげられるのか、赤ちゃんに逢う事ができるのかがとにかく不安で仕方なかった。
でも一生懸命頑張って10ヵ月間お腹の中で大きくなってくれて、こうして産まれてきてくれた娘に対して最初に出た言葉は「がんばったね。ありがとね。」
旦那の方を見ると、いちばん嬉しい言葉をかけてくれた。
この人の奥さんになれて良かったと心から思えた。

その後は産後の処置のため娘は別室へ。
外で待ってた両親が呼ばれて、娘に対面してる様子が聞こえてきた。母が涙声になってるのが分かった。

私は先生から処置をしてもらい、「すごい日に産まれてきたねニコニコとの言葉を頂く(笑)
ド年末の忙しい時にスイマセン……

娘の処置も終わり、再び分娩室へ。
私の胸の上に娘を寝かせるカンガルーケアをしながら旦那と話したり写真を撮ったり。しばらくそのままにしてたんだけど、娘がなんだか体勢的に苦しそう?と思って、助産師さんを呼んで娘をベビちゃん用のベッドへ寝かせてもらう。

旦那は両親と一緒に病室へ。
私は産後二時間は分娩室で過ごさなければいけないため、ひたすらぼんやり。
メールで友達に出産報告をしたり、ウトウトしたり。そしてふと横を見るとスヤスヤ眠る小さな娘の姿。
他の誰でもなく、私が産んだんだ。
私と彼の、新しい家族。じわじわと喜びを噛み締めながらも続く産後処置。
何度血圧を測られたことか(笑)
そして出血が少し多かったらしく、分娩室での安静時間を1時間延長することに。そしてその処置がかなりキツかった……
でも娘の姿を見ながら耐えた。
血圧と出血の処置を何度か繰り返した後、身体を拭いてもらい着替えをして、部屋に戻ることに。

既に20時近くになってたし、貧血でいきなり倒れる恐れもあるということで娘は今夜は新生児室で預かってもらうことに。
私だけ車椅子で病室へ。大晦日の出産ということで、助産師さんと「紅組の取りだね〜」「和田アキ子ですねぇ…」なんて会話をしつつ病室へ帰還。
戻ると、両親と旦那さまが待っててくれた。
母がまたもや涙声で労ってくれた。そして「ありがとう」とも。
つい私も泣いてしまった。

部屋には食事が来てた。大晦日だから年越しそばもついてた☆
まる一日ほとんど何も食べてなくてお腹がすいてたはずなのに、あまり食が進まなかった。ただ喉がやたら乾いてポカリやらお茶やらを飲みまくった。

今日はとにかく早く休みなさいと、旦那も両親も早々と帰宅。
私も寝る準備を整えてベッドに入ったけど、なんだか気持ちが高ぶってなかなか寝付けなかった。
旦那さまに向けて長々とメールをしてから寝た。


覚えてるままに書きました。出産キロク。
慌ただしい毎日の中で、きっとこの日の記憶もつい薄れていってしまう気がしたから、とにかく覚えてることを残らず書いた感じ。
気が向いたらまた書き加えたりするかも。でも、しないかも(笑)

Posted by ひろ at 13:05 | pre mama** | comments(2) | -
出産キロク 12/30 陣痛編
12月30日になってすぐ
何故かいつもより熱めにしたお風呂に入り、身体が冷えないうちにさぁ寝ようかなと思い布団へ入る。
するといつもならこんな時間にありえない、お通じの感じが来てトイレへ。
でもお通じナシモゴモゴ
そしてまた布団へ。
またお通じ感。
今度こそは〜と思い、トイレへ汗

でもお通じナシ。
しかしそこで事件(オーゲサです)が!びっくり

ティッシュに血がっ!!
思わず「わっ!」と声が出た。

とりあえず急がねば!と思いトイレを出る。
リビングへ移動してウロウロしながら少し考える。
…とうとう来た。
おしるしだ!
=出産だ!!

ということはさっきまでの微妙なお通じ感は陣痛なのかっ!?

そう思った途端、お腹の痛みがお通じから生理痛のようなものに変わる。(気持ちの問題?)
慌てて時間を測ると、大体10分間隔くらい。
でも痛みの程度としてはまだ全然我慢できる。
ここでありえない行動に。

『最近お腹の写真撮ってない!』と気がついて、ひとりセルフタイマーでお腹撮影会カメラ
今考えると阿呆だけどその時は必死。

そんなことしてたら、友達の家に行ってた旦那がチャリンコでのんびり帰宅。
おかえりよりも先に「…来たかも…」と告げる。

とりあえず状況を説明して、旦那は急いでお風呂へ。私は入院セットを整えてコタツで温まりながら時間を測る。
だいたい10分間隔。痛いけど我慢できなくはない。波が来ると何故か異様にトイレへ行きたくなる。

病院からもらった冊子には『10分間隔になったら電話』と書いてあるけど、今電話したところでまだまだ先は長いのが何となく分かったから少し様子を見ることにした。
テレビを見ながら、ウトウトしながら、10分おきにやってくる痛みの波と戦う。
横で旦那、爆睡(笑)[:ふぅ〜ん:]

午前4時頃。眠いのに痛みで眠れないのがつらい。少しだけ痛みも増してきた。時間は7分間隔くらいになってきた。

時間が狭まってきたのをキッカケに、病院に電話。
入院の準備をして来てくださいと言われたので旦那を起こして病院へ。

車の振動と陣痛の波が重なるとツライ。
これからもっと痛いんだろうな…と思うとかなり怖くて、病院へ着くのも怖かった。
痛くなきゃ赤ちゃんに会えないのにね。


病院へ到着。すぐに分娩室へ通されて内診。「2センチくらいかなぁ…」と助産師さん。
こないだの検診の時と同じだし。若干ヘコむ。

お腹に機械を付けてもらって、お腹の張りと赤ちゃんの心拍のチェック。

その結果を見て、陣痛の波はいい感じで来てるから、お産の始まりになりますと言われる。
しばらく分娩室に放置(笑)旦那と2人で喋ったり写真撮ったり眠ったり(旦那のみ)
でもまだ間隔もそんなに狭まらないので分娩室から病室へ案内される。
「このままだと今日中には生まれないよ〜」と言われて、動くことを勧められた。
朝5時の時点でそう言われて途方に暮れる。今日まだ19時間ほどありますけどー!?みたいな…

でも確かに『まだまだ』感は解る。
病院へ着くなり、今まである程度一定だった痛みの間隔がまばらになってきてた。

7時45分。時間が来たので朝食が運ばれてきた。力を付けなきゃと思いながらも、痛みが来たり出産の恐怖で食欲がわかない。
まだ連絡をしてなかったので実家へ電話。
まだまだお産までは遠そうだと伝えたけど、絶対すぐ来るだろうな〜と思いながら電話を切った。

しばらくすると助産師さんが赤ちゃんの心拍を測る手のひらサイズの機械を持って様子を見に来る。赤ちゃんはとっても元気だよ〜と言われて一安心。
そんなこんなの間にも陣痛の波はリズム良く来たりいきなり遠ざかったり…
なんだか精神的につらい。

お産入院なので、外来の診察が始まる前に診察を受けに行く。
先生からも、いい感じでおしるしの出血があるし陣痛の波も来てるから今日は入院してくださいね〜と言われる。

10時すぎ、両親参上(笑)2人とも緊張した表情。
でも私の様子がまだまだシレッとしてるので拍子抜けしたみたい。特に父。

歩いたり食べたり足のマッサージしたりするとお産が進むよと助産師さんから教えてもらったので、母と一緒に院内を歩く。
と言っても個人の産院だしぐるぐる歩いてもすぐに終わってしまう…。何回もぐるぐるしてたら何だか気持ちが疲れちゃって部屋へ。
そんなこんなしてたらもう昼食が運ばれてきた。『食べることもお産が近付く』と言われてたから、ペロッと完食。

でもそこからはますます痛みの波が微妙になる。痛いは痛いんだけど、間隔がバラバラ。
マッサージしてもらったりスクワットしたり四股をふんだり足(四股は旦那案…)
だけど間隔が狭まる様子もなく。

そして最終的に、助産師さんから「今からお腹に機械付けて、その結果を先生に見てもらって退院か決めますね〜」との残念なお知らせムニョムニョ

結局機械を付けてる間も陣痛が狭まることはなく、退院下向き

せっかく運び込んだ荷物をまとめ、どうせまたすぐ来るんだからとナースステーションで預かってもらい、旦那&両親と四人でトボトボと帰路へ家
そしたら帰りの車の中で微妙に間隔が狭まってきた。でも、まだ10分おきぐらいだったから家で出来るだけ我慢することにした。

旦那と、パンで夕飯を済ませて早めにお風呂へ。お風呂はすごく気持ちよかったー。痛みがほんの少しやわらぐ感じ。
長く入ってたかったけど、もし破水したら怖かったから早めに出た。

それからはコタツで温まりながら痛みと格闘。アメトークの家電芸人スペシャルも、全く頭に入らず(笑)
ただひたすら痛みが来た時間をメモしながら、ウトウト→痛い→メモ→ウトウト→痛い…の繰り返しで夜が明けた。
旦那は隣で爆睡(笑)
Posted by ひろ at 13:04 | pre mama** | comments(0) | -
今日も教室
081106_1747~01.JPG
今日も仕事を休みました。
先週に引き続き今日は『母親教室』というのがあったからクローバー
平日に休みがあるとやっぱりいいなぁ。気持ちに余裕が持てますな♪
午前中は軽く掃除をしたりして、気がつけばあっという間にお昼汗
掃除といえば、最近コロコロの素敵さに気付いてかなり活用してます(笑)
フローリングも掃除できるコロコロがあるなんて!それでカーペットも掃除できるし、素晴らしい拍手
掃除機すら重く感じて、動かすことが億劫になってきてる最近の私にとってはかなり強力な味方です。ありがたやコロコロ様キラキラ

そんで、掃除して気がついたらお昼で慌ててごはん食べて産科まで大急ぎ汗
時間に余裕がない程じゃなかったんだけど、前回の教室の時にのんびり行ったら時間には間に合ったものの私が着いた時には皆さんもう勢ぞろい状態で微妙に恥ずかしかったので、今日は15分前には着いておこう!と決めてたのです。
なのにガソリンがなくてランプ点滅してるし、でも入れてく時間ないしガソリンスタンド
途中で止まったらと思うとヒヤヒヤでしたモゴモゴ

なんとか無事に10分前に到着プシュー
今日はかなり早い方で、席もまだまだ選ぶ余裕がありました♪
当然のようにいちばん後ろの列に着席。資料を読んでたら続々と集まるお仲間妊婦ちゃんたちかわいい
皆さんのお腹の大きさと体型が気になってチラチラみてしまいました・・
細い人が多すぎ〜!!みんなどうやって食べたいものを我慢してるんだ?
それとも食べても太らないの?・・・いや運動してるのか?
モヤモヤ考えてたら時間になり、まずは院長先生のお話からスタートジョギング

お産の流れは雑誌とかで読んでたけど、やっぱり専門の方から直接話してもらうのは何となく理解度が高まった感じがする(笑)
胎盤って赤ちゃんのものなんだって。遺伝子とか調べると赤ちゃんと一致するらしい。
これは全然知らなかったしお母さんのものだと思ってたからびっくりした。

そして助産師さんの話→栄養士さんの話と続いてあっという間に終了時間。
帰りに希望者は分娩室を見せてもらえるとのことだったので、張りきって見てきましたヤッタv
思ったよりも小さい部屋。決して狭いわけじゃないけど、こぢんまりした感じだった
ベッドと、ベッドの脇に長椅子があってあとは医療用の機械らしきものがちょこちょこと。
リラックス効果を狙うブルーの照明がふわ〜っと明るくなったり暗くなったり。なんか不思議な空間です。
最初は普通のベッドの形だけど、お産が進むと変身するらしい。
そして天井にはモニター。イルカの絵とかが映っててこちらもリラックス効果を狙ってるらしいけど、分娩中は絶対見る余裕ないと思う(笑)
そのモニターは、生まれてすぐの処置をするために隣の部屋へ一度連れて行かれる赤ちゃんを映す役目もあって、ママさんたちはベッドに横になりながら赤ちゃんの計測とかの様子を見れるそうです。楽しみだな。
部屋の説明を受けながら、なんかまた心臓がザワザワ。
部屋は3つあるらしいから必ずしも自分がそこの場で産むと決まったわけじゃないけど、『ここで産むんだ!!』と思ったらなんか、うわぁぁーって(笑)
楽しみだけど不安もいっぱい。恐怖もジワジワ。
お腹の子が最初に接する外の世界がここだと思うと、なんとも言えない不思議な気持ちになりました。
それを感じとったのかモソモソ動いてたしきらきら早く会いたいね。

その後は入院する時のお部屋を見学させてもらって終了。
一言で言うと楽しかったです。勉強になったし。

帰りにふとケータイを見ると旦那から『風邪ひいた』報告・・がっくり
どんだけ弱いんだよ下向き私が妊娠してから2回目ですよ風邪ひくの・・
いつも言ってるのにウガイしないからだ〜絶対・・。
薬が飲めない今の私に移ったらとか考えないんかな。相変わらず意識の低い人です。はぁ・・
でも病人いじめても仕方ないしね汗かわいそうなので好物のコーヒーゼリーを買って帰りました車





Posted by ひろ at 21:21 | pre mama** | comments(0) | -
教室
昨日は休みを取って、通ってる産科での教室に行ってきました車
後期に入ってから立て続けに病院での教室が入るようになりました。
なんかちょっと前にシステムが変わったらしい。おかげで今日を含めると3週続けて教室の予定になってますペン

今日は、母乳に関するお勉強の『母乳教室牛
助産師さん1名と妊婦さん5名という少人数制なのでやや緊張しつつ行ってきました。
自ら希望して参加してるということで、みんな『できれば母乳で育てたい!!』と考えてる人ばかり。みんな最初はそう思うか汗
母乳が作られるメカニズムとマッサージ法などを教わりました。
あとチェックも(笑)助産師さんと2人になってボロ〜ン(笑)
きっと今まで何十人何百人と見てきてるだろうから、恥ずかしさは全くなかったけど
ただ駄目出しされたらどうしようという恐怖はありました
でも結果は、大きな問題はナシ。よかった〜kyu
その日に向けて、マッサージ続けて下さいねとのことでした
チェックしてもらう時に、「経過は順調ですか〜」みたいなこと聞かれたので、初期に安静を言われてたけど今は順調ですと答えました
そしたらカルテを見た助産師さんが「今逆子ちゃん?」と聞いてきたので、そういえばそうだったと思ってはいと返答。
「逆子ちゃんだとお腹張りやすいから気を付けてね」とアドバイス頂きましたパンチ

それから何故か考えてしまって・・・・
とりあえず今は体操云々は指導されてないから、身体の右側を下にして寝てるだけなんだけど、何となく感覚的に位置は戻ってないのが分かる・・
胎動の位置も変わってないしぐるぐる
特別お腹が張るとかいうのはないんだけど、漠然と『このまま直らなかったらどうしよう』と思うと居ても立ってもいられない気になってきてしまいました
今30週の終わりごろだから、時間はあるような、ないような。
赤ちゃんはどんどん大きくなってお腹の中で動き回るスペースは狭くなる一方だから上手に回転できるだろうか・・
別に逆子ちゃんでも元気に生まれてきてくれればそれでいいんだけど、でも初めての出産だし出来れば自然に産みたいという気持ちもあって、葛藤。
今は言われたことを実行して、赤ちゃんにお願いするしかないんだけどさっ

次の検診はマイバースデー。
お腹の子はお願いをきいてくれるでしょうか??
Posted by ひろ at 13:53 | pre mama** | comments(2) | -
7ヵ月
今日は7ヵ月の検診でした☆
旅行へ行ったり何となく忙しく過ごしてたからか、前回の検診からあっという間だった気がするな〜

予約の時間が早かったせいか、ほぼ待たずに診察開始。ひと月ぶりに見る赤ちゃん、1キロ越えてました♪
前回はあぐらをかいた状態で大切な所が見えず(笑)
そして今回。「〜こうなってるから女の子です」と画面を見ながら説明してくれる先生。だけど「う〜ん。でも足を閉じちゃってるから次回にもっかい見るね」だって。
マイベビーよ、どんだけじらすのさ(笑)
でも特に問題もなく一安心。元気でいてくれることが何より嬉しい☆
ただ、ママさんの体重はまた軽くチクリとご指摘あり…
前回言われた範囲内には抑えたのに〜(-_-;)
でも引き続き地道にやるしかない。
次からは8ヵ月に入るので二週間おきの検診になる。栄養バランスの良い食事を適量にっ!頑張るぞー


その後は、初めてのベビー用品買い出しへ♪
まずは肌着と、お揃い柄のツーウェイオール、帽子を買いました。帽子に関しては旦那が「どうしても買いたい!」と駄々をこねたから(^_^;)
あとはガーゼタイプのハンカチや、おしりふきを温めるケースなどなどを購入。
でもまだまだまだまだ買う物があって、いつになったら揃うんだろ〜…と軽く途方に暮れてます。そんなことゆっても揃えなきゃいけないんだけど、見る物がありすぎて目が回る(笑)

それでも楽しいんだけどね。


その後また移動して買い物したり、帰ってきてから近くでやってるお祭に行ったり…
先週に引き続きよく歩いた一日でした。

明日もきっとたくさん動くことになるから夜更かしせずに寝ることにしよっと。
Posted by ひろ at 00:23 | pre mama** | comments(0) | -
一心同体
仕事と言っても只今電話番状態。しかも土曜ってほとんどかかってこないので
ただのお留守番状態。
こうしてのんびりとブログ更新してしまえるほど暇な土曜の午後です。

いつも会社にいる時はあんまり胎動を感じないんだけど、今日はかなり動いてるベビーちゃん赤ちゃん
ママさんがリラックスムードになると瞬時にそれを感じ取るみたい(笑)
これはホントにおもしろい。だから一日でいちばん動くのは寝る前。
ベッドにごろ〜んとなったら『ほい来た!!』とばかりに動きだします。
それ以外にも、食事の支度でキッチンに立ってる時とか、ご飯食べた後とか、食べてる時もゴニョゴニョ〜。何れも私の好きな時間です。
逆に私がストレスを感じてるだろう時にはあんまり動かないから、ホントに『繋がってる』んだな〜って思う。
まだ動きを感じるようになる前は、胎動ってお腹の真ん中(お臍の下辺り)がポコポコ蹴られる感覚なんだろうな〜と思ってたから、初めてハッキリ『胎動だ!』と感じた時はびっくりしました。
まず位置が真ん中ではなかったこと。私の場合左側でした。
そして、ポコポコっていうよりピクって感じ。脈を打つような感じ。
今では左だったり右だったり、真ん中あたりだったり
そしてゴニョゴニョピョコピョコ、たまにぐい〜んと、一体どんな風に動いてるんだか全く想像つきませんが、なんか自由な感じですあ

気がつけば7か月に入ってました。
まだ何にも準備をしてないからそろそろ始めたいんだけど、まず最初に何を買ったらいいのかがサッパリ分からないあせあせ
一つ買えばあれもこれも、ってなりそうなんだけどその一つ目って何か大事にしたいっていうか・・・
まずはリストアップから始めましょうかね鉛筆
Posted by ひろ at 14:18 | pre mama** | comments(2) | -
あぐら。
昨日は月に一度の検診の日でしたるんるん

毎月楽しみなこの日。ひと月ぶりに赤ちゃんの姿が見れると思うと、どうしてもテンション上がりますニコニコ
加えて、今回は6ヵ月の検診。そろそろ性別が分かる頃!!と朝から夫婦揃ってソワソワ汗
毎月仕事が休みの日に行くから、病院はいつも人だらけ。だけど今回はいつも以上に待たされました…あせあせ(予約してるにも関わらず)

やっと診察室に通されて診察開始プシュー先月仕事で一緒に来れなかった旦那さまは久し振りに見るエコーに嬉しそう&私以上に先生に色々質問してました。

性別のことも聞いてみたら、『う〜ん…たぶん……女かな…?』
どうやらお腹の中であぐらをかいた体勢でいて、肝心な部分をガードしちゃってるらしいプシュー
でも色々角度を変えて見てくれた限りでは『付いてないみたいだからね〜』ということで、まだ確定ではないものの何となく性別判明(笑)
来月になればもっとハッキリ分かると思うからまだ断言はしませんよ〜と言われたけど汗
女子であぐらって・・・私にそっくりなんじゃないの?(爆)
旦那は今から、「お前と同じ性格の子が出てきたらコワイんだけど」と怯えてる様子(笑)

こんな感じで性別確定は少しお預けになっちゃったけど、それよりも元気にすくすくと育っていってくれてることが嬉しかったよつばのクローバー

赤ちゃんの大きさは今のところ小さめの方らしい。「でもママはちょっと大きくなりつつあるから食べ過ぎないように気をつけてね〜」と言われてしまったー豚あせあせ
そりゃそーだ。一か月で約2kg増えましたもの。
絶対言われると思って臨んだのでショックはなかったけど、このまま同じペースで増えるのは良くないので気をつけてね。と軽ーく釘を刺されてしまいました。
とりあえず母子手帳にハンコ押されるほどじゃなかったし、先生も「そんなに劇的に増えたってわけじゃないからあんまり気にしないでいいからね」とも言ってくれたので少しだけ安心プシュー
でもお盆から今までの自分の食生活を省みると、納得の結果。
最近気に掛けるようになってからは色々コツというかペースがつかめてきたので、次の検診は+1kgでおさまるように頑張ろうと心に近いながら帰宅しましたおうち

次はまたひと月後です。長いんだよね〜・・。
早く2週に一度の時期になって欲しいな。

今日は旦那さまと一緒に、お互い考えてた名前の候補を出し合って二人で相談大会。
でも、お互い「これがいい!」って名前があるからなかなか難しそうだな〜。
でも悩む時間はたくさんあるので、ゆっくりじっくり考えていこうラッキー



Posted by ひろ at 22:22 | pre mama** | comments(0) | -
MOKUYOKU
読みにくいタイトルですみません
MOKUYOKU、平仮名で「もくよく」。漢字に直すと「沐浴」です(笑)
080906_1357~01.JPG

ここには書いてなかったけど、只今妊娠6か月ですヤッタv
安定期まっただ中の今日この頃。
初期から安定期に入るくらいまでは、トラブルもありつつでほとんど家から出れない生活でしたが、最近は普通に過ごせるようになってきて、ようやくマタニティライフというものを楽しみつつありますハート

今日は町内の保健センターであった「パパママクラス」というものに参加してきましたクローバー
内容は、父親になる旦那さま達向けのビデオ上映と沐浴指導、あとは保険師さんの話を聞きながらコミュニケーションタイム、そして手軽にできる妊婦さん向けの体操体操

沐浴指導は、いつもは人形の赤ちゃんを使って説明を受けて→実践してという形らしいけど、今日はたまたまそこの保健センターの保健師さんが6月に赤ちゃんを産んだばかりでその赤ちゃんを連れてきてくれてたので、説明の部分だけはほんとの人間の赤ちゃんの身体を使って教えて下さいました赤ちゃん
今まで赤ちゃんをお風呂に入れる流れなんて見たことなかったから、かなり新鮮でドキドキしたー!
それと同時に「・・・できるのだろうか・・汗」と一抹の不安が。
一通り説明が終わったら、次は各夫婦で人形の赤ちゃんを使って実践!
保健師さんに言われたわけでもないのに、服を脱がせたり着せたりはママの役目で、お風呂に入れて洗ってあげるのはパパの役目みたいにどこの夫婦もなってるのが不思議で面白かった

実際にやってみた感想は・・・・
難しい。けどコツが絶対あるはずだからそれをいかに早くつかむかだと思った(笑)間違いなく「慣れ」だと思うから、やっていくうちに上手になっていくんだろうな。
あとは、雑誌とかの情報で鵜呑みにしてたことが、保健師さんから見るとやってはいけないことや使ってはいけないものだったり、色々勉強になることが多かったです勉強
中でもびっくりしたのが「赤ちゃんを洗ってあげるときは牛乳石鹸の青箱がいちばんいい!牛」と・・・。低刺激でいいらしい。赤ちゃん向けで売ってる石鹸とかボディソープとか使う必要は全くないそう。

いろんなことを神経質に考えてたけど、保健師さんの話はいい意味でざっくりしててちょっと肩の力が抜けた感じがしました。
沐浴の仕方は教わっておいて本当に良かったと思う。いきなりやろうと思っても絶対出来ないわ・・

またそのうち通ってる産科の方でも教室があるみたいなので、しっかり勉強してこようと思いますきらきら
Posted by ひろ at 14:05 | pre mama** | comments(2) | -

follow undefined at http://twitter.com


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


New

Categories

Archives

Comments

Bookmarks



Profile

250文字まで入力可能です。
どんな事でもOKです☆
24時間365日、メールお待ちしてます♪